HOME

AUTHOR : parelli
鎌倉の海を望む丘より
 バラを中心に綴ります。

Comments in English are also welcome.

profile
since 2008
◎ Amanda Patenaude  1845年 Vibert 06/23(月)
アマンダ・パテナウド  Damask Perpetual      5月24日開花

a527jpg.jpg


Vibertのバラは注目したいと思っています。
可愛い蕾が開くとクォーターロゼット、
とても個性的なバラです。




A07.jpg


花びらは、はっきりといくつかに分かれて
中央の花びらはまるでリボンを結んで中心に織り込んでいるよう。




am05.jpg


最初の年はこんな咲き方の花もあったんですよ。
ずいぶん違う、と思うのですが・・2度とお目にかかれません。
涼しい所ではこんな風に咲くのかも。




07a.jpg


球形に咲く花もあります。




a07_20080622160340.jpg


我が家で4年目、それはそれはたくさ~ん咲くのですが、、、
一度も返り咲きした事もなく、春一季のみなのです。




ap623.jpg


今年はリン酸分多めの肥料を他のバラの2倍施したのですが
今年も次の蕾がつく気配はありません。
葉ばかり毎年よく茂ります。

繰り返し良く咲く、と聞いていますし、
Vibertのサイトでも「repeat」と記載されています。
購入した所からは3回は咲く・・と。
キッチンから眺められる場所に植えているのに
残念。

どなたかおわかりになりましたら教えて下さいね。




amd07.jpg


ザ・ファーンと好く似合うんですよー。

このバラは一番風当たりの強いところに植えているので
柔らかい葉が強い風に傷つけられ、自らのするどい刺にも刺されて
傷だらけになります。
でも次から次へと新しい葉が展開するので傷ついて醜くなった葉は
思いっきり切っても大丈夫だとわかりました。

花径5cm位でしょうか、花保ちはもう少し欲しい、、
ですので、花期は比較的短いです。(いっせいに咲きます。)
我が家では伸びて2m位になりますのでこれも半つる仕立て。

新しい枝は、ほぼ垂直に伸びますので株全体の
厚みを出す為に、下の方の枝は短く、上にいくに従って
段階的に枝を切って、株全体の厚みを出した方が
樹形がきれいになると思います。






トラックバックURL:http://parelli.blog121.fc2.com/tb.php/24-51cdda9c

-

管理人の承認後に表示されます
こんばんは!
あっ、これはこの前ザ・ファーンと一緒に登場したバラですね♪
きれいなクォーターロゼットになってますね。
そういえば、私綺麗なクォーターロゼットになっているバラをあまり見たことがないかも・・・。
今年初めて咲いたレーヌ・ドゥ・ビオレットが、クォーターっぽく咲いていたのが初めてかな?
オールドローズって、感じがしますね♪
このアマンダ・パテナウド(名前がなかなか覚えられそうにありません・・・)のピンクは、いいピンクですね。
温かいピンクでいて、大人っぽいピンクでもある・・・。
実物をぜひ見てみたいです。
Parelliさんは、いつも樹形のことも常に考えて剪定していらっしゃって感心します。
私ももう少し進歩して、綺麗な樹形を目指す剪定を頑張ってみようかなぁ。
Jinさん                                 
こんなピンク、まさにローズピンクでしょうか。こんなクォーターロゼットもひとつあるといいですね。大事にしたいバラです。オールドローズは一季咲きが多いのですが、花木の雰囲気がやはり違いますね、樹形も美しくなれるし、何よりも庭の中で景観を作ってくれると感じています。
それからスペクタビリスの件、有り難うございました。
北側で良くて、花保ちもいいなんて・・何て嬉しいんでしょう。それに短めのランブラーなので扱い易そうですよね、注文したんですよ! 私は小輪房咲き
のバラがほとんどないので楽しみにしています。(花柄切りの後始末がこわくて・・)それに中心の花びらの巻き込み!これ、大好きなんです。
蛇足ですが、フランソワ・ジュランビルをすてーきに誘引しているサイトに出会いました。記しておきますね。http://m-t.littlestar.jp/2005/5.html お時間がある時、お楽しみ下さい。
こんばんは、色々なバラをお持ちなんですね。
これからも楽しみに見せていただきます。
アマンダ・パテナウドかわいいですね。
返り咲きしないのはちょっと残念。
株の様子を拝見して気が付いたのですが、地植えなんですね?
もしかして環境が良すぎて、株が大きくなるほうに力を使っているのでは?
イングリッシュ・ローズで半ツル性のものが、よくそういう状態になります。
そういう種類のものは四季咲きとなっていますが、返り咲きも秋咲きもなかなかしてくれません。
そういう状態なら株が充実してしまえば、返り咲きするようになると思います。
イングリッシュの場合の対処法は聞いたことがあるのですが、試していません。
花がらをカットせずに放置するそうです。
切るとそこから伸びようとするからだそうです・・・でも見た目がちょっと悪いですよね。
ウチのアマンダはちょうど2番花が咲きそうなところです。
秋は咲いたかどうか、ちょっとあいまいです(笑)
咲かなかったから写真が無いのか、花があんまりだったので撮影していないのかがわかりません。
parelliさんちのアマンダも、これからでも咲くといいですね。
しずさん                                
こちらにようこそ。しずさんのサイトはお気に入りに入れてよく拝見させて頂いているんですよ。アマンダ・パトナウドの事、気に掛けて下さりありがとうございます。
挿し木をして別の場所で育ててみる、、という事が頭に浮かんだ事なのですが、花がらをカットせず・・もやってみる事にします。これは春しか咲かないジェフ・ハミルトンやグラハム・トーマス等にもお勧めの方法ですよね。
確かに植わっている環境は申し分ないような場所のように思えます。暑い最中涼しい長野から購入、到着後暑さに弱っている様子だったので現在の場所に置いておいたら何と元気な様子に変化、以後同じ場所に地植えです。
カットすると・・そこから伸びようとする、なるほどカットしない理由がよくわかりました。咲く可能性はある、という事で期待を託しましょう。あと1回でも、少しでも、、咲いてくれたら嬉しいわ。
しずさんのところでは2番花ですか~、いいですねぇ。とてもきれいなアマンダを羨まし~く拝見しています。また、めずらしいバラ(私の知らない)も沢山育てていらっしゃるのですね。お写真もとっても素敵です。





管理者にのみコメントを送る
       

                        ≪ 次へ         HOME         前へ ≫ pageTOP


2017/06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Latest Comments
by 桔梗 on 08.23


by parelli on 08.23

by 桔梗 on 08.22

by なみちゃん on 09.27

by parelli on 09.27

by なみちゃん on 09.27

by はじめまして on 08.19

by parelli on 08.18

by 日比野 進 on 08.14

by 日比野 進 on 07.24

by Parelli on 10.05

by 澤野かずみ on 10.05

by Parelli on 09.30

by 澤野かずみ on 09.27

by Parelli on 09.15

最新のトラックバック






LINK
Copyright 2008 Scent of Roses. All rights reserved.