HOME

AUTHOR : parelli
鎌倉の海を望む丘より
 バラを中心に綴ります。

Comments in English are also welcome.

profile
since 2008
伝えたい! 「決して変わらないもの」 04/15(水)
神と交わりを持てる?

神が存在する事を信じている人が...クリスチャン? 違います。
神と個人的な交わりを持てている人...の事です!

神はすべてのものを細部にわたって設計されました。それらが合わさって
広大な宇宙が出来ています。
また他の被造物と違って、私たちをご自身のかたちに似せて造られました。
われわれに似せて・・とは、親しい人間関係を築くように、
神と人が絆を結べる事を意味します。

個人的な交わり?...言葉としては簡単ですが、
ほとんどの人は意味を理解する事が出来ないと思います。
何故理解出来ないのでしょうか?

AD27ー30年頃、イエスが30歳になってからですが、彼の死後、福音が伝えられるよう
弟子達を備えていました。その中のひとり、ペテロ。

ペテロは漁師。小心で私たちと同じ心の弱さを持ったひとりでしたが、
トンチンカンな人でもありました。

イエスと弟子たちが最後の晩餐に集まった時、イエスは弟子たちの足を
洗っていました。イエスはペテロの足を洗い、

(ヨセフ13章6-8節)それから、たらいに水を入れ、弟子たちの足を洗って、
腰にまとっておられる手ぬぐいで、ふき始められた。
「わたしがしている事は、今はわからないが、あとでわかるように
なります。」
「もしわたしが洗わなければ、あなたはわたしと何の関係もありません。」

するとペテロは言いました。
(ヨセフ13章9節)「主よ、私の足だけでなく、手も頭も洗って下さい。」

私は過去2回、足の小指にヒビが入り完全に治るまでそれぞれ4ヶ月かかりました。
その時、足をさわって診察した医師はひとり、それも少しだけ。
もう1回、別の医師は、まったく足に触れず、レントゲンを観るのみ。

他人の足をさわる、、という行為・・意外にも抵抗があるものです。
イエスは、ペテロの足を洗う事によって、
仕える者の謙遜を示し、そして清めの必要を教えました。
主の御前に真にへりくだらなければ、決して実現しない清めなのです。

ペテロのこんなトンチンカンは他にもあるのですが、
ペテロがイエスを「キリスト・神」と告白し、寝食を共にしながら尚、
真にイエスを理解出来なかったのは...「聖霊」を持っていなかったからなのです。

イエスの死後3日が経ち復活の後、イエスは40日間
弟子たちと多くの人たちに生きているご自身を現されました。
この時イエスはご自分の家族にも現れ、
後に福音書の後方に「手紙」として書かれた書「ヤコブ」と「ユダ」は、
イエスの死後彼ら(ヤコブとユダはイエスの弟4人のうちの二人)に現れる事によって
二人は、イエスが神である事に気づかされました。

そしてさらにペンテコスタ(収穫祭)の日まで10日間があり、
弟子たちはイエスの指示通りエルサレムで待ち続けました。

(使徒1章5節)「もうまもなくあなたがたは聖霊のバプテスマを
受けるからです。」
(8節)聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。

(使徒2章2-4節)すると突然、天から激しい風が吹いて来るような響きが
起こり、彼らのいた家全体に響き渡った。
また炎のような分かれた舌が現れて、ひとりひとりの上にとどまった。
すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させて下さる通りに他国の言葉で
話しだした。

旧約の時代、聖霊はありませんでした。
新約の時代になって、イエスの死・復活の後50日が経って
弟子たちは聖霊によってイエスと共にいた時間の全てを悟ったのです。

エルサレムに大勢の人が集まり、この時からペテロは大胆に人々に
福音を伝え始めました。
それまでペテロを知っていた人たちの驚きようはどれほどのものだったでしょう。

聖霊が他の宗教と違う点です!
聖霊によって神を知り、交わる事が出来るのです。
ですから、キリスト教は宗教ではない、と断言します!

しかし、残念ながら聖霊を持たないたくさんのクリスチャンを見て来ました。
ある人がクリスチャンかどうか知りたいのなら、
「クリスチャンとはどういう人の事?」と尋ね、
「神と個人的な交わりを持てている人の事よ」と答えるなら、
その人はクリスチャンです。

毎週日曜日に教会に行ってる、洗礼を受けた・・・こんな事ではないのです。

イエスが神の子なら、おそらく時の皇帝シーザーの長子がふさわしいでしょう。
しかしイエスは産まれるにふさわしい場所もなく、
馬屋の飼い葉桶の中で産まれました。

マリアの胎を借りて...マリアは神の聖霊によって身ごもったのです。
人間と人間の間に産まれた者は、生まれながらにして罪人ですから
罪人が罪の購いは出来ないのです。
ヨセフとマリアの子であってはならないのです。
聖書のどこにもヨセフは決してイエスの父、とは書かれていません。
いつも「マリアの夫」です。
(しかし、驚くべきは、ヨセフもマリアもダビデ王の子孫です。)

ここでつまづいている人はいませんか?
(イエスはマリアの胎を借りて、聖霊によって身ごもった?)
神に出来ない事があったら、、困りますね、神でなくなってしまいます。
神は科学を乗り越えたその上にいるのですから。

こうしてイエスは、人(Person)としての性質を持っているので
私たちの、罪に犯されやすく、心の弱さにも同情出来る存在であり、
一方で神はご自分の御子を罪の為に、罪深い肉と同じような形で遣わし、
肉において罪を処罰されたのです。

なんと、理論的ではありませんか。

イエスがご自身の死をもって十字架上で私たちの罪の
代価をその血潮によって支払って下さった。

私たちはもう何もしなくてもいい・・
(ローマ書10章9節)もし、あなたの口でイエスを主と告白し、
あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと
信じるなら、あなたは救われるからです。

ここで、「主」(Lord)とは、あなたの全てを治めて下さるお方である、
という事です。
日本語の「支配」と理解すると、ここでは抵抗があると思います。

さらには、「自分は罪人である、」事を告白するなら、、完璧です!
口に出して告白する・行為、、心が砕かれ、腰を低くして
へりくだらないとなかなか難しいものです。

でも、罪人である事を告白せずとも・・・
イエスを信じる心には、悔い改めの心が存在すると確信します。

神は、簡単な言葉と一見愚かにも思える言葉を持って
私たちに救いを与えています。

(1コリント1章18-21節)十字架は、滅びに至る人々には愚かであっても
救いを受ける私たちには、神の力です。
「私は知恵のある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さもむなしくする。」
事実、この世が自分の知恵によって神を知る事がないのは、神の知恵によるのです。
神はみこころによって、宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救おうと
定められたのです。

心から信じる者の上に瞬時に聖霊が与えられます。
聖霊に気づけなかったら、気づかさせて下さるように祈って下さい。

聖霊の助けによって神の愛を体験し、新しい希望に満ち溢れ、
父なる神が近くにいて守って下さる体験が出来ます。

主の慈しみは絶える事がなく、哀れみは尽きる事がありません。
自分の人生がどんなにめちゃくちゃだと感じる時でさえも、
神だけは最後まで信頼出来ると教えてくれます。

どんなに孤独を感じても、私たちはもうひとりではない、
主の臨在を感じられないときでも、主はそこにおられ、決して裏切ったり、
置き去りにしたりしない友です。

どんな嵐の中にいても、その状況を支配してくれます。
神は神です。
「神は大いなる事をなして測り知れず、その奇しいみわざは数えきれない」お方です。

神は私たちを永遠に神と親しい関係を保ち、共に生きる
比類なき特別な存在として創造されました。

私たちはこのお方に頼ればいい...
不安という重荷を引きずる事を、神は私たちに望まれない。
永遠の命という私たちへの贈り物が保管されています。
聖霊はその保証の刻印です。

イエスとは、「主は救われる」という意味。
「救い」とは、新しい命(永遠の命)を受け取る事です。
イエスは、「インマヌエル」ともいいますが、「神は私たちと共におられる」
の意味です。



Gos's voice thunders in marvelous ways.
he does great things beyond our understanding.
He says to the snow, 'Fall on the earth,'
and to the rain shower, 'Be a mighty downpour.' (ヨブ37章5-6節)



大切な方に
このメッセージが届く事を願ってやみません。




トラックバックURL:http://parelli.blog121.fc2.com/tb.php/223-84a6efd8





管理者にのみコメントを送る
       

                        ≪ 次へ         HOME         前へ ≫ pageTOP


2017/07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Latest Comments
by 桔梗 on 08.23


by parelli on 08.23

by 桔梗 on 08.22

by なみちゃん on 09.27

by parelli on 09.27

by なみちゃん on 09.27

by はじめまして on 08.19

by parelli on 08.18

by 日比野 進 on 08.14

by 日比野 進 on 07.24

by Parelli on 10.05

by 澤野かずみ on 10.05

by Parelli on 09.30

by 澤野かずみ on 09.27

by Parelli on 09.15

最新のトラックバック






LINK
Copyright 2008 Scent of Roses. All rights reserved.