HOME

AUTHOR : parelli
鎌倉の海を望む丘より
 バラを中心に綴ります。

Comments in English are also welcome.

profile
since 2008
スポンサーサイト --/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバックURL:http://parelli.blog121.fc2.com/tb.php/20-39d4a7d9
シャルル・ド・ミルとてもきれいです。
オールドローズの銘花ですね。
花弁が重なり合って見事に完成さえていますね。
ポール・トランソンとシャルル・ド・ミルで至福の朝食なんて、幸せいっぱいですね。
parelliさんは、新苗を購入される事の方が多いのですか?
私は、今までほとんど2年生苗だったのですが、3年前に通販で初めて新苗を買って、今年で3年目、2年間は淋しかったのですが今年は、素晴らしく丈夫に育って期待が出来そうです。
挿し木苗見なおしています。
syunn未来さん                              
新苗の方を好みますね、ウチのやり方で育った方が病気等少なくて済みますから。大苗は花後、1年間病気になり易く感じています。また、同じ様な気候地域から購入した方が良いようにも経験しています。
最近はバラの交配が進んで、その分バラの寿命が短いそうですが(?)、その為にもなるべく挿し木苗を手に入れたいのですが・・思う品種が手に入らなかったりで仕方なく芽継ぎを購入という事になります。ある程度年数が経過した時点で挿し木をして取り替える事も考えています。自宅で育てる場合は挿し木しても構わないのですよね。ある程度のバラの数があればあとはゆっくり気長に育てる楽しみもあります。丈夫なバラですと意外と早く成長するように感じています、シャルル・ド・ミルは例外でしたが(笑)。
未来さんのお庭、ほんとに・ほんとに楽しみにしています。+70坪なんてお手入れ大丈夫なのっ?なんて心配してしまう程・・です。北海道でしたら気候的にもお手入れが楽なのかしら。こちらは5月の雨に続いてすぐ梅雨に入り、バラ育ての難しさを増々痛感しています。
ご主人もガーデナーなんて!頼りになっていいですね。





管理者にのみコメントを送る
       

◎ Charles de Mills     Old Rose Gallica 06/10(火)

シャルル・ド・ミル  (1746年以前)

雨で咲きそうになっては切り・・の繰り返しでしたので
去年の画像も入れています。      5月25日頃開花。


ch07.jpg


フラットな円形の中にグリーンのボタンアイをつけて
花びらがきれいに整列しています。




ch59.jpg


あら!これは、間違え? 
初めてこのバラが咲く時、この白い蕾に
違ったバラが来たのかしら、と思う方もいらっしゃるかも。

このバラを間近に見て「シャルル・ド・ミル」はどこっ ?と聞かれます。




ca528.jpg


咲き始めはこんなに小さい、花径5cm位でしょうか。
育てている私も、えっ!こんな小さかった? と不安になります。




07.jpg


徐々に花びらが伸びて来て花径8cm~10cm位になります。
白い蕾からこんな美しい色に変身するんですよ~。
感激の変化。




cml07.jpg


そして、色も素敵に・素敵に、変化します。
花びらがさらに盛り上がり、花の中心が白く見えて、
中にボタンアイがはっきりと見えるようになります。

この色を見るといつも「こんな色のカシミアセーターいいなぁー」と。




ca07.jpg


全部の画像はほぼ実物の色が出ています。
花の形、色の変化、香り・・バラの魅力の全てを兼ね備えている
こんな美しいバラが
とっても古くから存在していたなんて・・。

このバラは1年かけて根付いた挿し木苗を購入。(挿し木専門業者より)
その後1年、2年・・季節はめぐりめぐっても葉は緑色のまま、うんともすんとも。
3年目(挿し木から4年目)にやっと枝が動き始めました。

今年5年目の春ですが、未だに一番長いつるで1.3m位。
でも枝は何本も育って広がり、半つる仕立てにしています。
そして、挿し木苗なので周りにサッカーが出て充実して来ています。

テラスに近いところに植えていますので
ポール・トランソンとシャルル・ド・ミルに囲まれて
至福の朝食!

花色を守る為に、是非半日陰に植えて下さいね。
夏の暑さからも守りたいバラです。





見て下さってありがとうございました。



トラックバックURL:http://parelli.blog121.fc2.com/tb.php/20-39d4a7d9
シャルル・ド・ミルとてもきれいです。
オールドローズの銘花ですね。
花弁が重なり合って見事に完成さえていますね。
ポール・トランソンとシャルル・ド・ミルで至福の朝食なんて、幸せいっぱいですね。
parelliさんは、新苗を購入される事の方が多いのですか?
私は、今までほとんど2年生苗だったのですが、3年前に通販で初めて新苗を買って、今年で3年目、2年間は淋しかったのですが今年は、素晴らしく丈夫に育って期待が出来そうです。
挿し木苗見なおしています。
syunn未来さん                              
新苗の方を好みますね、ウチのやり方で育った方が病気等少なくて済みますから。大苗は花後、1年間病気になり易く感じています。また、同じ様な気候地域から購入した方が良いようにも経験しています。
最近はバラの交配が進んで、その分バラの寿命が短いそうですが(?)、その為にもなるべく挿し木苗を手に入れたいのですが・・思う品種が手に入らなかったりで仕方なく芽継ぎを購入という事になります。ある程度年数が経過した時点で挿し木をして取り替える事も考えています。自宅で育てる場合は挿し木しても構わないのですよね。ある程度のバラの数があればあとはゆっくり気長に育てる楽しみもあります。丈夫なバラですと意外と早く成長するように感じています、シャルル・ド・ミルは例外でしたが(笑)。
未来さんのお庭、ほんとに・ほんとに楽しみにしています。+70坪なんてお手入れ大丈夫なのっ?なんて心配してしまう程・・です。北海道でしたら気候的にもお手入れが楽なのかしら。こちらは5月の雨に続いてすぐ梅雨に入り、バラ育ての難しさを増々痛感しています。
ご主人もガーデナーなんて!頼りになっていいですね。





管理者にのみコメントを送る
       

                        ≪ 次へ         HOME         前へ ≫ pageTOP


2017/08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Latest Comments
by 桔梗 on 08.23


by parelli on 08.23

by 桔梗 on 08.22

by なみちゃん on 09.27

by parelli on 09.27

by なみちゃん on 09.27

by はじめまして on 08.19

by parelli on 08.18

by 日比野 進 on 08.14

by 日比野 進 on 07.24

by Parelli on 10.05

by 澤野かずみ on 10.05

by Parelli on 09.30

by 澤野かずみ on 09.27

by Parelli on 09.15

最新のトラックバック






LINK
Copyright 2008 Scent of Roses. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。