HOME

AUTHOR : parelli
鎌倉の海を望む丘より
 バラを中心に綴ります。

Comments in English are also welcome.

profile
since 2008
スポンサーサイト --/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静けさを取り戻した庭 06/11(水)
IMG_0097.jpg

大雨予報に一喜一憂していた5月から解放されて、
庭は再び静けさを取り戻しました。




IMG_0098.jpg





IMG_0108.jpg

ローズ・ド・レッシュは、早くも次の開花が始まっていますが、
雨が続いています。





IMG_0103.jpg

挿し木苗から育ったファンタン・ラトールは、この秋に芽接ぎ苗になって
来春再登場します。




IMG_0106_20140611183648bf9.jpg

パーゴラ(南庭)を道路側から見たところ。
手前は金芽つげの生け垣、生け垣の内側の庭はほぼ全面芝生。
こちらも剪定が終わりましたー(つげの剪定は植木屋さんの仕事)





IMG_0100.jpg

アジュガは、ほぼ1年中きれいな色を保って、
我が家でもう25年位カナ、大きい睡蓮鉢(径45cm)ふたつに収まっています。




IMG_0109.jpg

セダム:コーラルカーペット
白い小花が咲き、晩秋には紅葉します。




IMG_8690_20140611190320cbb.jpg

タイム:ドーンバレー

このセダムとタイムは、
高さ数cmのグランドカバーなので、
きれいに地面をおおってくれる美しい下草。



スポンサーサイト

ポール・トランソン 06/08(日)
Paul Transon                     5月19日〜開花

IMG_9925.jpg

私のバラ育てに、なくてはならないバラのひとつ。
他にファンタン・ラトールとウィリアム・モリスは、特別です。




IMG_9865.jpg





IMG_9924.jpg





IMG_9927.jpg





IMG_9980.jpg





IMG_0106_20140611182840e6e.jpg

4日間雨続きとの予報でやむなく剪定終了。
上↑の画像(写真5枚目)がこのパーゴラの右端・・・





IMG_6755_20140608103956534.jpg

3種類の色(濃いピンク、サーモンピンク、淡い色)で咲き、
青りんごの香りが漂うバラ。

香りは、暖かい地域では弱く、
北海道で、このバラを育てている人は、
「青りんこの香りが、、ぷんぷん!」だそうです。

去年もゾウムシに、つるの先端の成長点をやられっぱなしで、
パーゴラ全体を覆う事が出来ませんでしたー(5枚目の写真)
この上↑の写真(2年前)のようにならないといけません。

仕方なく、今年はここだけスミソンを散布しますっ!

今年咲いたつるには、来春花はつきませんが、
今年のつるを残して、その脇から出るシュートを大切にして
新しいシュートと共に冬に整理・誘引すれば
パーゴラを覆ってくれるはず。

こんなに沢山のバラがパーゴラを覆いますが、
花径は7〜8cmの中輪なのが気に入っています!
小輪のバラの花柄が落ちたら大変!

つるは順調に成長すれば15m位でしょうか。
我が家では20本ほどのつるを長さ8〜10m位でちょうどなので、
いつも同じようにしていると、、、
我が家のパーゴラに合った長さになってくれるはずです。。


マダム・ルグラ・ド・サンジェルマン 06/03(火)
Mme. Leguras de St.Germain             5月19日〜開花

IMG_0074.jpg





IMG_0057.jpg





IMG_0058.jpg





IMG_9989.jpg





IMG_9598.jpg





IMG_0067.jpg





IMG_0076.jpg





ドゥイユ・ド・ポール・フォンテーン 06/01(日)
Deuil de Paul Fontaine                 5月18日〜開花

IMG_0052.jpg





IMG_0068.jpg





IMG_9764.jpg





IMG_9788.jpg





IMG_9408_20140601180426da4.jpg

これは去年の花。
花持ちも抜群に良くて、美しく花持ちのよいバラに感激したのですが・・
上4枚の写真と随分違いますよねー

鉢と地植えの2株とも(違う場所で)同じような花が咲き、
花持ちはすこぶる悪かった今年のフォンテーン。




IMG_0087.jpg

2株とも葉色が薄く、この下↓の健康なファンテーンとは
明らかに差がありますね。

光合成障害かな?
という事で、花柄をカットして、
鉄分を補ってみましたー




14yIMG_0598_20140601180429563.jpeg







                        ≪ 次へ         HOME         前へ ≫ pageTOP


2014/06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Latest Comments
by 桔梗 on 08.23


by parelli on 08.23

by 桔梗 on 08.22

by なみちゃん on 09.27

by parelli on 09.27

by なみちゃん on 09.27

by はじめまして on 08.19

by parelli on 08.18

by 日比野 進 on 08.14

by 日比野 進 on 07.24

by Parelli on 10.05

by 澤野かずみ on 10.05

by Parelli on 09.30

by 澤野かずみ on 09.27

by Parelli on 09.15

最新のトラックバック






LINK
Copyright 2008 Scent of Roses. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。