HOME

AUTHOR : parelli
鎌倉の海を望む丘より
 バラを中心に綴ります。

Comments in English are also welcome.

profile
since 2008
アンリ・マルタン 05/29(水)
Henri Martin                    5月13日〜開花

IMG_9124.jpg

親戚から頂いた挿し木のアンリマルタン(モスローズ)
去年50cm位伸びましたので、
冬に玄関前の低めのアーチに誘引しました。
まだ小さい苗なので今年は15輪位の開花です。




IMG_9125.jpg





IMG_9147.jpg

ビビッドな赤色ですが、可愛いです。
花保ちは2日。3日目には花びらがこぼれますので、
ちょっと残念。

このバラとローズ・ド・レッシュは、南庭の引き締め役を果たしています。
淡い色のバラを引き締めてくれる存在も大切ですね。




マルタン美佐

この写真と↑下の写真↓は、親戚で育てているマルタン。
鉢で育てて4年目だそうです。




マルタン







フェリシテ・パルマンティエ 05/26(日)
Felicite Parmentier              5月10日〜開花

IMG_9396.jpg





IMG_9079.jpg





IMG_9231.jpg





IMG_9080.jpg





IMG_9176.jpg





IMG_9526.jpg

キッチンの窓からも楽しんでいるパルマンティエ。

今年はどのバラも香りが良く、
花径5〜6cmの愛らしいパルマンティエは、
ピンクが少し濃いめに咲いたものもありました。

毎年日陰で咲いてくれるので
大事にしたいのですが、
花茎が長いので、花の重みで、
強風が吹くと、
茎の付け根から何本も折れてしまうのが残念です。

1.3m位のブッシュ樹形をキープしています。




マダム・イサク・ペレール 05/24(金)
Mme.Isaac Pereire             5月10日〜開花

IMG_9048.jpg





IMG_8981.jpg





IMG_9049.jpg





IMG_9295.jpg

冬が寒く、春先も気温が低かったので
少しずつ咲くのかとおもいましたが、
今年はほとんどの品種が一斉に満開になっています。

もう少しゆっくり楽しみたいんですが・・・





マダム・ルグラ・ド・サンジェルマン 05/22(水)
Mme. Leguras de St. Germain            5月15日〜開花

IMG_9450.jpg





IMG_9468.jpg





IMG_9455.jpg

内側が淡いクリーム色で咲き始め、
とても良い香りのサンジェルマン、
今年はとっても良い状態で咲いてくれましたー

ブッシュ形で樹高80cm位ですが、
沢山の小枝が出て広がっています。




IMG_9460.jpg





IMG_8876.jpg





IMG_4139.jpg

明日は1日中雨との予報、
開花しているバラを全部カットすると、45Lのビニール袋に
ぎゅうぎゅう詰めで、3袋!

繊細なオールドローズの花びらは、
雨に、もちこたえられないのです。

このサンジェルマンも蕾だけを
残した状態です。



ドゥイユ・ド・ポール・フォンテーン 05/20(月)
Deuil de Paul Fontaine               5月9日〜開花

IMG_9339.jpg





IMG_9265.jpg





IMG_9408.jpg

何年も前から候補にしていたバラですが、
バラ園で実際の花を見る機会を得ず、
去年秋に購入しました。

花径6〜8cmの花びらの色と重なりの
とっても美しいモスローズ。

咲き始めから咲き終わりまで、すべてのプロセスで
微妙な色の変化の美しさは息を呑むほどです。




IMG_9401.jpg

細い枝は、花が咲く時だけ重みで倒れてしまいますが
普通の枝は、直立状に育ちます。

花茎50cm位でカットして一輪挿しにしたいなぁー
花保ちは、非常に良く、
全開になってから1週間以上保ちます。

この後花色が退色して来ると、
紫色がかって来ます。




IMG_9148.jpg





IMG_8770.jpg





IMG_9404.jpg

ソンブレイユの近くで鉢で育てています。
ソンブレイユのアイボリー色とも
よく合う色なので、鉢を移動させて楽しんでいます♪





ソンブレイユ 05/18(土)
Sombreuil                      5月5日〜開花

IMG_9113.jpg





IMG_9114.jpg





IMG_9040.jpg





IMG_9020.jpg

こんな咲きごろが主人の好きなタイミング!
必ず1枚、入れるようにしています(笑)




IMG_9110.jpg

西日を受けた午後のひととき、
静けさが伝わるといいのですが・・




IMG_9007.jpg





IMG_4062.jpg





IMG_9105.jpg

ポール・トランソンのパーゴラの下の壁面(テラスの一角)で
育てていますのでこのバラは、風雨からかなり守られます。
白いバラには大切な事ですね。

夕暮れ時、
大好きなダージリンティを片手に・・
白いバラを見ていると気持ちが静まりますー
色々な色を楽しむと最後は、はやり白〜!

今年は香りが少なめですが、
パーゴラのトランソンから青りんごの香りが降ってきます。




ファンタン・ラトール 05/16(木)
Fantin Latour                  5月9日〜開花

IMG_9068.jpg





IMG_9029.jpg





IMG_8896.jpg





IMG_8923.jpg





IMG_9246.jpg

高さ1.6mx8.5mの壁面を5株のラトールで飾っています。
狭い場所に植えられて・・今年も良く咲いてくれました〜!




IMG_9069.jpg

今年はあっという間に満開になったかと思うと、
翌日は強雨、、
雨にも強いバラ、と言っても
その前に何回も強風に叩かれているのですから、
傷まないはずがありません。

翌日は花殻切りと後始末に追われましたが、
まだまだご覧の通り。

房咲きですが、房のひとつひとつが順番に咲くので
もう少し楽しめそうです。




IMG_9162_20130515194003.jpg

ラトールは、微妙に青みがかるピンク色ですが、
シトロエンの販売終了色・ブルーボッティチェリとよくマッチします。




IMG_8843.jpg

最後に傷んだバラもご覧下さい。
大好きなバラです。





カーディナル・ヒューム    05/12(日)
Cardinal Hume スタンダード仕立て              5月2日〜開花

IMG_8891.jpg

初めは1輪ずつ咲きますが、花保ちが良いので、
次々と房咲きになり、華やか。

横に広がっていくので来年は、花全体を支える
スタンダード用の支えが必要のよう。




IMG_9126.jpg

上の画像は、真っ赤(朱色と黒が入ったような)、
こちらはもう少し赤紫色の花ですが、
画像に出ませんでした。





IMG_8749.jpg





IMG_8699.jpg





IMG_8805.jpg

花径は、7cm位の中輪。
このバラは、年々美しさを増していくのでは、と思います。

軽井沢のライクガーデンホテル・ルゼの中庭に咲いていたバラですが、
もっともっときれいでした・・・
暖かい気候の場所では、ちょっと環境の違いが出るかも知れません。
ホテル・ルゼを訪問されたら、ご覧下さい。




ウィリアム・モリス  パート2 05/10(金)
William Morris                  5月8日〜開花

IMG_8998.jpg

一昨年肥料をあげ過ぎて、2年間その影響を受けたように思いますが、
今年は再び美しく咲き始めました。

このバラの色は、じつに優雅で美しいアプリコット。
David Austinの自信作という事がわかりますね。
とても大切にしています!




IMG_8972_20130510212708.jpg

今年の冬の気温が低かったせいか、
春の葉の出始めが好調で・・・葉を見て、、
今年はいける!と直感した通り、葉も花も素晴らしいです。




IMG_8943.jpg





IMG_9003.jpg





IMG_8888.jpg





IMG_8720.jpg

気温が低い日が多いと、こんなピンク色の開花もあります。




IMG_9002.jpg

これは、Flyingで咲いた最後の花。
凄く大きくて・・計ってしまいました、径12cm(笑)

中輪のバラが好きな私ですが・・・
あまりに美しい大輪1輪を堪能しています。

パート3で樹形写真を入れます。






ローズ・ド・レッシュ 05/09(木)
Rose de Rescht                  5月7日〜開花

IMG_8860.jpg

とっても素敵なバラで気に入りました。
群馬県のトレジャーガーデンで見て一番のお気に入りでした。

一昨年、夏の暑さと湿度でロズレー・ド・ライが枯れてしまい、
同じ様な色合いと香りのバラ、という事で同じ場所に2本植えました。

ロズレー・ド・ライは、葉が小さく、枝が非常に密なので、
真夏の湿度に弱く、その為の処置として
真夏に枝を落として涼しくしてあげたのが
いけなかったようでした。

このバラもとっても香りがよく、でも花保ちが良くない事を
承知で植えたのですが、
3日は、保つようですので十分です。
丸みのある葉も愛らしく、花にお似合いです!




IMG_8848.jpg

樹形はかなり素直に直立、
上方で少し扇型に開く綺麗な樹形も気に入りました。
あまり大きくならないようです。現在の樹高は約50cm。
トレジャーガーデンでは、80cm位の背丈だったでしょうか。

このバラの長所は、夏の暑さにめっぽう強いところ。
「暑さならまかせておいて!」という感じ、、
なので、1年中株元にはマルチングなしです。




IMG_9032.jpg





IMG_8822.jpg





IMG_8853.jpg





IMG_8830.jpg






クレメンティナ・カルボニエリ 05/07(火)
Clementina-Carbonieri              5月1日〜開花

IMG_8736.jpg

素敵な色合いを写真で見て、再度ほれぼれする色ですね。




IMG_8819.jpg





IMG_8737.jpg





IMG_8748.jpg





IMG_8742.jpg

今年で4年目、株も充実して来たのですが、
花にちょっと元気がありません・・・

径40cm以上の鉢サイズがいけないのかな?
去年この鉢に移してから花びらに力がないのです。
土の中の問題だと思うのですが、
冬の手入れで解決していないのですね?

樹勢は、横張りで、成長するのにちょっと年月がかかるバラですが
いろいろな好条件が揃うと、じつに美しい発色を生み出します。






ウィリアム・モリス  パート1 05/02(木)
William Morris                  4月28日〜開花

IMG_8712.jpg

今年はバラの咲く順番がいつもの年とは違うようです。
第一番目に咲いたモリス。

去年の春、1〜2ヶ早飛び(flying)のモリスがお目見えして、
今年は4〜5ヶ早飛びのモリスが他の蕾に先駆けて咲き出しました。

樹が充実して来ているからでしょうか。
ちょっと他のモリスの蕾とは蕾の付き方や萼の形状が違うのです。





IMG_8693.jpg

花びらの上の方に萼に包まれた蕾、
ひょろひょろっとした萼、おわかりになりますか?




IMG_8725.jpg





IMG_8721.jpg

画像2つ目の萼がもう少し成長すると、
左上の、、まるで葉のようです。
そして花茎は、とても短いです。


他の蕾は開花までもう少し日数がかかりそうですので、
改めてお見せしますね。

モリス独特のくにゃっとした開く前の状態。

それにしても、花びらの数といい、大きさも10cmを超えて・・・
こんなにたっぷりとしたモリスは、
他ではあまり見ないような・・大好きなバラです。





                        ≪ 次へ         HOME         前へ ≫ pageTOP


2013/05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Latest Comments
by 桔梗 on 08.23


by parelli on 08.23

by 桔梗 on 08.22

by なみちゃん on 09.27

by parelli on 09.27

by なみちゃん on 09.27

by はじめまして on 08.19

by parelli on 08.18

by 日比野 進 on 08.14

by 日比野 進 on 07.24

by Parelli on 10.05

by 澤野かずみ on 10.05

by Parelli on 09.30

by 澤野かずみ on 09.27

by Parelli on 09.15

最新のトラックバック






LINK
Copyright 2008 Scent of Roses. All rights reserved.