HOME

AUTHOR : parelli
鎌倉の海を望む丘より
 バラを中心に綴ります。

Comments in English are also welcome.

profile
since 2008
スポンサーサイト --/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスカマン(菌製剤)によるバラ栽培法 ㈮ 02/21(土)
堆肥の作り方3.
(掘り上げと株元への投入)

<掘り上げた堆肥が良く出来ているかどうかの判断と準備>

・褐色して堆肥独特の森の下に溜まった落ち葉のにおい、または不快でない
 饐え(スエ)たようなにおいがする
   ↓
 掘り上げた堆肥が良く出来ていれば堆肥はリン・カリ少々を加えてそのまま株元へ
 投入。
 この時見た目で繊維質っぽいなら土を足してもOK。勿論下記のように籾殻や藁を追加
 して使ってもOK。(堆肥の量が増えますのでより多くの株数に投入出来ますね。)


・過去、私の掘り上げた堆肥は表面は褐色になっていましたが中はまだ生の状態、悪い
 臭いはなし。ほとんどの人は私と同じではないかと思いますので以下のステップに
 進んで下さい。
   ↓
1. 堆肥に籾殻と藁を追加します。ここからは大きなたらい等を使って1株毎に投入する
 物を混ぜます。(私のたらいの径50cm)

籾殻と藁を追加する理由はバークチップ(剪定枝)の腐熟促進です。見た目のかさで
堆肥の25%程追加すればOK。(籾殻の方を多く。)

2. 追加する籾殻と藁に対して鶏糞を入れます。1株に対して330gx1/4=約80g

3. 腐熟促進の為に尿素(粒状)も1株に対して20~30gを、これはすり鉢ですって入れ
 ます。2~3年経ったら尿素の量は半分に減らして下さい。

4. アスカマン大さじ1程追加。

5. リン・カリ肥料を少し入れる。(私は有機リン・カリを使用。)この菌製剤で作った
 堆肥は肥料の吸収が非常に良くなるので規定量より少なめを心掛けて下さい。

6. 投入に備えてキンソール(粉末・アスカマンの250倍の濃度)を準備しておき
 ます。

7. 大きめの鉢(鉢植えの場合)

下図:
籾殻と藁を加える事によって見た目、土が少ないように感じますが大丈夫です。
私は少し土を足しています、少ないと感じるなら足してもOK。
堆肥の中のバークチップ:土=5:3 → 5:5 この位、土を足しています。
そしてバラの剪定枝と生のバークチップも少し加えました。

籾殻藁

ここで初め30株分で作った堆肥は籾殻と藁や土の追加によってかさが増える事になりますね。さらに堆肥の穴の中ではかなり圧縮されていました。

栽培法⑤で「30株分で作った堆肥で実際には42~43株分相当になります」と記した
のはこういう理由です。

HT(地植え)は2倍の堆肥量、長いつるバラは長さに応じて2~4倍の堆肥投入量が
必要ですが、堆肥化の時に計算する量と掘り上げて繊維・鶏糞・土・(生)を追加した
後では、量が変わって来ますので、これらのバラにより多くの堆肥を投入する事も
可能になると思います。(ランブラーローズは半つるバラ程度の堆肥量で大丈夫
です。)

1回経験をすると堆肥化の量はわかるようになりますので、こんな感じで持ち株に合わせ
て堆肥化する時の量を計算して、経験して下さい。

私は栽培の1/3ぐらいは鉢栽培ですが、地植えの株には1株35Lも投入した株もあり
ます。ちなみに1株35L位投入した株は台風や激しい風や雨にも強くなり、きれいな葉を
保ちます。

もし、多少投入量が少ない株があってもそれは、充分入れた株と区別してその結果を
観察するのも良いでしょう。


<株元への投入の時期と場所と仕方>
時期
この菌は地中温度約5℃以下(11月末)では胞子となって休眠し、また、地温15℃
(春ソメイヨシノが咲く頃)、水分60~70%、嫌気状態で活動を始めます。

10月初め~末(1ヶ月)に株元に堆肥を投入したい理由は投入後少し菌が働く期間が
あり、真冬に入る前に少しでも根を育てたいからです。そうする事によって春の成長が
違います。

実際には土中の他の菌の活躍により(腐熟し易い繊維があれば)根の周囲の温度が次第
に上がり、土壌温度が10℃(堆肥では5℃)に達していればこの製剤の菌は活動出来
ます。
我が家の南側の庭のバラの株は11月末に投入した時も、2月末白根が一杯でした。

もう1つの理由は気候が比較的安定している時期なので作業のし易さがあります。そこ
から逆算して私の今年の堆肥化スタートは7月中旬あたり(ポリ容器で)・・にして
みようと思いますが。芽が動き始めてからでは遅すぎです。10月~2月末の各自の
都合で考えて下さい。

堆肥投入は雨が数日は降らない時に作業をした方が良いと思います。鉢の場合は
堆肥をしっかりと固めているので、初めは水の通りが悪いので雨水が土の上に溜まって
しまう状態が長く続かない方が良いのです。

しかし菌は堆肥や土にとどまるので(水が超大量に滞るのでなければ)菌が逃げる
心配は無用です。数時間位で水が通ってしまう位なら大丈夫。
私の場合は3月末頃までは強い雨があると移動出来る鉢は移動し、大きい鉢には
ゴミ用ビニール袋をかぶせて雨避けしています。

初めは水の通りがよくありませんが、団粒化が促進され始めると水の通りはすこぶる
良くなります。水やりは一般の栽培法と同じで構いません。

投入時期については、ベストな時期を試行錯誤しています。
10月に投入した結果は、開花後に窒素が足りなくなるような気がしました。
今回は2010年1月に堆肥投入しました。(堆肥仕込み時期は前年9月中旬)
そして鉢植えの場合は、投入後雨降り予報の日は(3月中旬位まででしょうか)
下記のようにビニール(ゴミ袋の一辺を切って)を被せば最善です。


IMG_2104.jpg


投入場所(地植え)
大株は株元から30cm位離れた周囲Bにぐるりと堆肥を投入します。
幼苗や小さい苗はもっと近く、5cm位離れた場所に投入。

IMG_1742.jpg



Aの幅5~20cm位、Bの幅15~20cm位。
株の大きさで加減して下さい。






根が堆肥にふれても問題ありませんし、根が切られて傷んでもすぐ修復出来るので大丈夫です。

改植・新植の場合は主根の下5cmより深い部分にも入れて下さい。

周囲にぐるりと入れられない場合は四隅(次年からは別の四隅へ)に入れるか、株と株
の間に共有するように入れても構いません。

周囲の土壌空間を大きく(株間を広げた)する地植えの場合にこの菌耕栽培の
威力は大きく発揮されます。

投入の仕方(地植え)

IMG_1185_1.jpg
株元の周りに深さ30cm位の穴を
掘り堆肥を投入しながら、
キンソール耳かき2~3杯を
水に溶かして数回に分けて
ジョーロでかける。穴の上まで
堆肥を入れて足で踏むと
上から10cm位下になる。←
(芝生なので四角にカット)



IMG_1191.jpg


バークチップ・籾殻・藁
・バラの剪定枝・土は
こんな状態。






IMG_1196.jpg



さらに土を地表まで入れる。







IMG_1201.jpg



足で踏む。







IMG_1204.jpg


上まで土を入れてさらに踏んだら
表面だけ土をかけて自然に
する。







キンソールは液体にして使用する為、堆肥全体に菌製剤が行き渡りますので腐熟が
スムーズです。また、芝生や他の樹木にも使えます。他の使い方は
こちらです。

投入の仕方:鉢植え
まず、鉢のサイズですが、堆肥を根の周りに入れるので大きな鉢をお勧めします。私は去年径45cmの鉢に替えました。(高さ35cm)バラの根はあまり下へは伸びないので
同じ体積なら高さよりは幅のある鉢の方がこの栽培法に適しています。
径30cmの鉢も使っていますが、幼苗(挿し木して育った)等や小さい苗等に使って
います。

投入の前に初めての方は鉢の底穴にネットを置き、新聞紙を折って(4枚重ね位)底に
敷きます。脱気の為です。新聞紙はやがて腐熟され、なくなります。
慣れて来たら新聞紙を敷かなくてもそのまま堆肥を入れてOKです。この時、
底穴ネットは不要です。

変更点:
鉢底に新聞紙を折って敷くと、腐熟される迄の期間、水はけが悪くなりやすいので
敷かず、銅製(ナメクジ等が侵入するのを防ぐ)の底ネットを使って、
土(堆肥+土)を入れて少し圧力をかけた方が良いと思いました。


新植・改植の場合は根の下にも堆肥を入れて周りに同じように堆肥を入れて
上に土を入れて下さい。根の下に入れられない程、根が太く長い場合は周りだけで。

既植の場合は株を抜かず、鉢の周りの土を移植ゴテ等で掘り上げ、そこに地植えと
同じように堆肥を入れて土を被せます。この時、株の周囲の土は鉢全体の半分位を
一旦取り出して、入れ替えている感じです。(一番近くて株元5cm程の土が取り出
されている感じです。)

変更点
鉢の周りの土を移植ゴテで掘りながら、株全体を一旦抜いてしまった方が
むしろやり易く、その方がネキリムシ等、根全体のチェックが出来るので
良いように思いました。



この時も根はかなり傷みますがアスカマンを使っている限り、根を傷める物質は
出ないのであまり気にしなくて大丈夫です。(こちら参照)

鉢栽培の場合は繊維質だらけにならないように土をよく混ぜて下さい。保水性が
少ない繊維質が圧倒的に多い土壌では根が伸びれないし、うまく成長出来ません。
繊維の周りには充分な土がある事が必須です。大きい鉢の場合の繊維は全体の
2/5、小さい鉢では1/3程度が望ましいと思います。

小さな鉢の場合は2~3年かけてゆっくりベストにしていく事を指向して下さい。

次年、土中に堆肥(繊維)が残っている場合は新たな堆肥と共に土の中に戻して
下さい。剪定枝を使った場合はバークより腐熟がたっぷり1年継続し続け、
少し残るようです。



IMG_4331.jpg

気の早い芽吹き デプレ・ア・フルール・ジョーヌ




スポンサーサイト

アスカマン(菌製剤)によるバラ栽培法 ㈯ 02/16(月)
堆肥の作り方4.

B: ポリ容器を利用して堆肥化して株元へ投入する方法

ポリ容器で堆肥化をする場合も「堆肥の作り方2. と3. が基本になりますので
必ずそちらをお読みになってから始めて下さい。


ポリ容器で初めて堆肥化をする場合はうまく脱気をする事と水分量の調整が難しい
ので、腐熟させる事が少々困難かも知れません。出来る事なら庭の穴で堆肥化を
2回位経験される一方で実験的にポリ容器で試してみると良いのですが、、、
ですので、初めての方は土壌での腐熟の期間を長くする為に株元への投入を早めに
計画をして下さい。(堆肥化7-8月、投入10-11月)

用意する物: 堆肥の作り方2.(栽培法⑤ )に記した物と同じですのでこちら(1~5)をご参照下さい。

他に用意する物:
・屋外ゴミ容器(蓋付き)またはその代わりとなる容器

容器の準備
私はダスポット角ペール90型(98L)を使っています。容器の色は明るいグレーです
ので、美観も悪くなく家の北側に並べて使用しています。ホームセンターにて購入。
容器の高さ72cm。(アマゾンでも同じような品があります。)
容量98Lを3ヶ+70L+60L=424L → 上部10cmは土のみ=約400Lとする。
(堆肥の作り方2の穴の大きさを参照)

IMG_1401.jpg


(下図参照)容器上10cm+α(口縁目一杯までは入れない為)を残して、それより
下の長さを5等分する。ここでは偶然に一番上も12cmとなった。
(バークチップ:土=約5:3)

IMG_1749.jpg


<作り方>
a. 用意した物を入れる。
下からバークチップ(剪定枝)、籾殻+わら、土、アスカマン+鶏糞を入れて一層と
します。(A)

b. 一層ごとのかき混ぜと脱気。
ここで堆肥の作り方2.と違う事は、一層入れたところで全体をかき混ぜて下さい。
2層目も3層目も5層目まで同じようにして下さい。その都度棒切れで上からきつく
押さえて脱気して下さい。(私は足で踏みつけました。)

c. 水分調整
一層毎にジョーロで散水して下さい。(水分65%と言ってもわからないですね、)
水は多めですが、容器の底に水がたまるようでは多すぎます。少な過ぎるよりは多め
の方が無難です。(EM菌などは発酵後に底に水が溜まりますが、この菌製剤の使用
ではこのような事はありません。したがって水を出す穴は不要です。)
(水分60%は、普通の畑の土とお考え下さい。)

お水は、少なすぎた場合がありました。
その理由はわらや籾殻、バークがかなり水分を吸収するからです。
投入時期にほとんど全体が乾燥した状態になっているポリ容器もありました。
水分65%に調整する事は非常に難しいですね。かなり多めに入れて多すぎる事は
ありません。ジョーロでどの位入れたかの記録をされて水分量をつかんで下さい。


d. 土と脱気と水分調整
最後に土を入れ、ポリ容器が一杯になったら容器が倒れないように注意をしながら
長靴でどんどん踏みつけて下さい。全体を詰め終わったところで再度、 お水をかけて
調整して下さい。

そして、掘り上げまでそのまま待ちます。

私の時はこんな状態(参考)                        
IMG_1409.jpg




1層全体を混ぜる。







IMG_1400.jpg



お水をかける。








IMG_1404.jpg



ここで繊維が多いと感じたので
土を少しだけ追加した。
(1層の容量内での追加)







IMG_1410.jpg
お水をかけて濡れた感じ、おわかりでしょうか。



<投入の仕方>
株元への投入は堆肥の作り方3(栽培法⑥)と同じですのでご参照下さい。





アトロルーベンス
Helleborus 原種のアトロルーベンス

花は大きめ径4cmくらい、
明るめの色合いで咲きましたが、
それがかえって私のお気に入りの色。






アスカマン(菌製剤)によるバラ栽培法 ➇ 02/07(土)
堆肥の作り方5.

C. 堆肥化せず生のまま株元に投入する方法


バークチップを生のまま直接株元へ投入する場合は、
必ず防腐処理剤が使われていない事を確かめる事が大切です。
確かでない場合は、灌木等で実験(1ヶ月位)、出来ればいいですね。
バークチップに廃材等が含まれている場合はその廃材に
防腐剤が使われている場合があります。

輸入米松のバークチップは燻蒸処理されていますが、
私が使った物は大丈夫でした。
(たとえ防腐剤が使われていても、2ヶ月以上、外で一旦堆肥化するなら、
アスカマンの使用で無害になり、株元へ投入出来ます。)

自宅の庭の剪定枝を使えるなら安心で、
何より省力的で嬉しい方法です。

準備や投入の仕方など、堆肥の作り方2.&3.が基本になりますので
そちらをよくお読みになってから初めて下さい。


庭に穴を掘る場所がない、ポリ容器を置く場所にも限りがある等、スペースに問題が
ある場合は、地植えの株には生のままの投入、鉢植えは一旦外で堆肥化して・・等と
組み合わせると、外での堆肥化は小規模で済みます。生と堆肥化を半々に混ぜて
使用しても有効な工夫です。

準備する物
堆肥の作り方2(栽培法⑤)に記した物と同じですのでご参照下さい。


準備・投入の仕方(地植)(鉢植え)
共に堆肥の作り方3(栽培法⑥)と同じですので、1.のバークチップ(剪定枝)に籾殻と
藁を追加します・・・からお進み下さい。


投入時期
リポペプタイドが適度に分泌され、地温を上げる効果を現すまでに4~6ヶ月かかり
ます。外で堆肥化するのとほぼ同じ期間早く土に投入しなければなりません。
つまり、遅くとも9月には株元に入れる必要があります。

私は去年1株だけ9月6日に入れてみました。アスカマンを使う限り、腐熟の初期にも
根は傷めませんので、ご心配はいりませんが・・・
9月のまだ暑い時に株元へ投入するのと外で一旦堆肥化して、涼しくなった時に投入
するのと、どちらが良いでしょうか。各自のご都合でお選び下さい。
(ポリ容器を使っての堆肥化作業は1日で終える事が出来ます。)

ちなみに私の親しくしている友人は去年、ご主人の都合で8月(大学の夏休み)に
生のまま投入しました。まもなく新しい葉が出て来て、今年の2月初め、元気な葉が
まだ沢山繁っていて、葉取り作業が大変だったと嬉しい悲鳴を上げていました。
そして、いつもより早く新葉が展開し始めているそうです。

でも、8月の作業はちょっと辛いですね。夏休みご主人が手伝ってくれるのでしたら
8月の可能性もあるかも知れませんね、この場合はバラの為にも是非夕方だけ使って
作業をして下さい。作業の後、日照りにさらされない方が良いと思います。

(慣れてから、、)
実は、友人のお庭から地植えのレダ(1.4m)を9月6日に掘り起こして、大きい鉢に
生の繊維を入れて持ち帰って来ました。(一般の栽培法だったらあり得ないわね!と
言いながら・・)夏の暑さで疲弊していましたので葉はすぐに落ちました。でも、
その後すぐ(1週間以内かナ?)に新しい葉が繁り始めました。その葉は冬の手入れの
時にも元気でした。このバラの開花が楽しみです。


生を入れてからの開花状況は5月以降ご報告します。

また、生での投入時期については今後実験してみたいと思います。



次回はこの菌製剤を用いる事による数々のメリットをご紹介します。






バイカラーダークネクタリ2

Helleborus  SD バイカラー・ダーク・ネクタリー
花裏のすじの入り方も気に入っています。



アスカマン(菌製剤)によるバラ栽培法 ➈ 02/01(日)
♠アスカマンを用いる事の夢のようなメリット♠

堆肥の作り方、投入の仕方・・・記して来ましたが、
初めての方は大変そうに感じたかも知れませんね。
でも、一旦コツをつかんでしまうと、
1年に1回株元を掘って埋め込む事の繰り返し、あとは株元をいじりませんので
慣れると簡単です。

また、アスカマンを使い慣れると、(基本さえ抑えていれば、)
少々手荒な事をしても、作業時期がづれても、
かなりアバウトに扱っても大丈夫です。

初めは一般の栽培法に戻りがち・・肥料もあげてないのに大丈夫かしら、、
この方法は聞く人もいないし、
「籾殻を直接土に入れると窒素飢餓になる」って人は言うし、
さらには「バークを生で土の中に入れるなんてあり得ない!」・・・等々

私もそうでした。3年(それ以前に試行錯誤3年)経験してやっと、
今は一般の栽培法を無視する事が出来るようになりました。

大学で応用微生物学を専攻された方の長い研究と経験によって
発明完成出来た賜物です。
理論の裏付けは全て出来ます(先生によって、)ので、
途中で挫折しないでご質問下さいね。

土が出来、(いい)香りがするようになれば・・・あとは前途洋々です!


♠♠♠

アスカマン(菌製剤)を使ったバラ栽培の夢のような
メリットをご紹介します。


1. 腐熟の初めから根に有害な物質を出さないで発酵するので未熟な生に近い繊維を
土壌に投入する事が出来、レベルの高い団粒化(ミリ以下の大きさ)が出来る。
(固めた株元の土は菌が活動を始めると、すこぶる水の通りが良くなります。)

2. 団粒化が促進される事によって根が増え、生育が盛んになり、植物が効率良く
養分を吸収し、光合成が活発になる。植物が健全に育つので最近の異常な暑さにも
耐え、病気が発生しにくくなる。
(ここ数年の夏の暑さでバラを枯らしてしまう事もあると聞いています。我が家の
バラは大丈夫です。何よりお手入れが楽です。)

3. 酪酸が分泌され、線虫の活動が低下するのでその抑制に効果がある。また、
リポペプタイドは土壌のカビの繁殖を抑える。
(地植え70株ほど育てている友人のお庭ではうどん粉病ゼロ・根きり虫ゼロ、我が家は
数株:ちなみに友人のお庭は別荘にしているお庭なのでお手入れに月1回も行けない時も
あります。彼女は東京のマンションにお住まいなのでそこでもバラが欲しくて、
バラ専用土を買って普通に鉢に植えました。でも生育が芳しくないので地植えの
お庭へ持って行きました。堆肥を投入する時・・鉢植えのそのバラ1株だけに何と、、
根切り虫がゾロゾロ・・20匹以上も、と驚いていました。)

4. 土壌の微生物相が好転し、植物に適した環境になるので、連作障害(忌地)の被害
は問題にならなくなる。一般に、バラの植え替え移動は難しいと言われている移動が
出来、土は捨てずに何度でも使う事が出来る。
(バラの素敵な配置を考える事が出来ますね。私は過去3~4年で何株か移動を
しました。美しさを引き立ててあげられる場所にどうぞ。土が劣化しないので同じ土を
ずっと使い続ける事が出来るなんて、いいですよね。)

5. 保肥力(特に窒素)、保水力、透水性が改善される。
(肥料は想像以上に少なくてOKなので、最初はちょっと心配でした。肥料代はあまり
かかりません。)

6. 植物の花色、花保ちが良くなる、切り花では日持ちが良くなる。
(我が家のバラは切り花にして飾るとそれぞれ美を競っているよう・・これから増々
楽しみ。品種によって花びらが多く開花します。我が家のウィリアム・モリスは
ジェフ・ハミルトンより巻き巻きだわ、と思います。堆肥を投入し始めた年から
この効果は出ました。)

5.の補足説明
バークや籾殻、藁等(乾いた繊維)を腐熟させる時、腐熟用の窒素(ここでは鶏糞)が
必ず必要です。
これらの繊維を餌として菌が旺盛に増殖する為に必要なものです。これがないと、繊維
が分解する初期に植物に回る分が菌に横取りされて窒素飢餓(窒素不足)を起こします。
これらは一旦、菌態窒素になり、4-5ヶ月後には菌が死骸になって植物に利用出来る
ようになります。考え方としてはその分の追肥は要らない事になる訳です。
腐熟用の窒素の半分は、5-6ヶ月で植物が利用可能に、10ヶ月後にはその80%が
利用可能になるとみて下さい。
堆肥に入れる1株につき鶏糞330g(HT・長いつるバラ・堆肥を沢山入れた株は堆肥量に
相応して増える)、これが年間肥料ですので、所有しているそれぞれの株の肥料計算は
把握して、肥料オーバーにならないようにして下さい。四季咲きバラには液肥を補って
構いません。)


まだまだ沢山ありますが・・・
上記のメリットを最大限に生かす為に、土壌にはいつも腐熟しきっていない繊維が
ある、という配慮を忘れないで下さい。。



この菌製剤はもともと農業用に作られました。

有害ガスーメタンや硝酸塩(ともに温暖化ガス)等の発生が
大幅に抑えられるので、大気中に放出される温暖化促進物質は
大幅に減少するという点からも、今の農業が
地球・環境に優しい農業に転換される事を切に願ってやみません。


次回は芝生・他の樹木への応用です。そして、
最後に生ゴミ処理の仕方で終了します。



IMG_4347.jpg

Helleborus SD バイカラー・ダークネクタリ
先日の開花、大きめ径5.5cm以上。




                        ≪ 次へ         HOME         前へ ≫ pageTOP


2009/02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Latest Comments
by 桔梗 on 08.23


by parelli on 08.23

by 桔梗 on 08.22

by なみちゃん on 09.27

by parelli on 09.27

by なみちゃん on 09.27

by はじめまして on 08.19

by parelli on 08.18

by 日比野 進 on 08.14

by 日比野 進 on 07.24

by Parelli on 10.05

by 澤野かずみ on 10.05

by Parelli on 09.30

by 澤野かずみ on 09.27

by Parelli on 09.15

最新のトラックバック






LINK
Copyright 2008 Scent of Roses. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。