HOME

AUTHOR : parelli
鎌倉の海を望む丘より
 バラを中心に綴ります。

Comments in English are also welcome.

profile
since 2008
イペ材(天然硬木)でパーゴラ・デッキ作る職人紹介② 08/14(水)
以前、イベ材でパーゴラ・デッキを作る職人(奥山 護さん)をご紹介しました。

とても気さくな方で、さまざまな要望に添える経験をお持ちですので、
ご遠慮なくお問い合わせをされて下さって大丈夫です。

天然木では、お値段がちょっと...と思うでしょうか?
そんな場合は、既にお願いした業者の樹脂材・天然木とお値段を比べて
決定してもいいと思います。

何人もの方がお問い合わせ下さり、実際に造園やデッキを注文されたようです。
代わってお礼を申し上げます❗


今日は、そのページをお読み下さって注文された方のデッキをご覧下さい。




奥山6

これは、2階の南側に面したデッキ。

前にはうっそうと緑が繁って素敵な景観ですね〜
手すりの近く、、南北に隙間の空いている板の並び、この部分が今回の工夫。
その下、1階部分は、日本間になっています。
日本間が暗くならないように陽を入れて明るさを取りいれています。
これを同じ横並びで隙間を作ると、、陽が入らないのだそうです。




奥山

素敵ですね〜
勿論、このスリット上を歩けます。




奥山2

デッキを1階から眺めたところ。




奥山3





奥山4

1階も2階も素敵な景観で毎日をどんな風にお過ごしなのでしょうね。
2階のデッキで朝食! 昼食! 午後のお茶、いやいや...夕食も良いではないですか💕



こちらは他のお宅。



周りの緑と調和して涼しげなお庭とデッキです‼️
ベンチもありますね〜






上手くカーブを作った遊歩道。
曲線がとても綺麗で遠近感が表現されています。

周りの草花の移り変わりを目にするのも楽しみな毎日で
自然の与えてくれる偉大さに感謝の日々でしょう。



奥山 護さんの携帯番号:090-7217-3013
Mail address: omskmm@yahoo.co.jp

お問い合わせにはいつでも応じられるそうです。

我が家では長い期間、毎年庭木の剪定をしてもらっています。
バラのパーゴラやフェンスも作って頂きました。

そのパーゴラに乗ったポール・トランソン
(サーモンピンクの径7cmほどのバラ)、圧巻の景色!
青りんごの香りにその下にずっといたくなるバラです。

























イペ材(硬木)でパーゴラ・デッキを。職人ご紹介! 07/08(金)
我が家のフェンスやパーゴラの素材、イペ材(高密度硬木)をご紹介します。


パーゴラやデッキを造ると10年位で腐植して傷んで来ませんか?
特別湿気の多い場所なら10年保たないでしょうね。

我が家にもう20年位来て頂いている植木屋さん。
植木の剪定より造園の方がお好きなお仕事、と仰っていました。
このイペ材を使って長くお仕事をされています。

イペ材について:

南米で育つ高密度の木で、耐水性に優れています。
ですので、桟橋によく使われているそうです。

雨が降っても水分が木の中に滲み込んでいかないので、
すぐに乾いて回りに湿気をもたらしません。

あまりに硬い材質の為、この扱いに慣れた人でないと
のこぎりや刃物が使えない程の密度です。

大変重く、(水より比重が重いため水に浮かばない)
虫食いの心配も不要です。
半永久的に使え、年数の経過と共に
初めは茶色ですが、徐々にシルバーカラーへと変わって
味のある色合いへと変化して来ます。

ペンキの塗り替えも必要ないのが嬉しい!!

では、我が家のフェンスとパーゴラを
ご覧下さい。

パーゴラ1


パーゴラ2

バラを載せるパーゴラは、バラを惹き立てる為に
なるべくシンプルに、
そして、庭からちゃんと見えるように
手前に低く傾斜させて頂きました。

そしてなにより、家と庭に違和感のないデザインを、
とお願いし、テラスの上に希望通りのパーゴラが実現!

ベンチとテーブルもイペで一緒に作って頂きました。
ベンチには、名前も彫って頂いて・・

パーゴラ3


そのパーゴラにポール・トランソンが
乗って夢の風景になりました!
パーゴラがバラの美しさの邪魔をしていないですよね!

IMG_6638.jpg

ベンチは後でもう一つ作ってもらい、
ダイニングルームへの観音開きのドアの手前に置いています。
(写真には、載っていませんが、)

そして、フェンス。

IMG_7493 のコピー

ウィリアム・モリスが誘引されています。

境界に作るフェンスは、普通、横板の部分が板と板の間の
空間になっている部分が横板ですよね。
風通しを考えて、このようにして頂きました。
横板の幅は、3.5cm位。

下方は、空間をやや広めにしました。
この時既に数年が経過して、初めの茶色が退色して
シルバーカラーになって来ています。



奥山さん(後ほどご紹介します。)のお仕事のひとつ。

デッキ

かなり高い場所に建てたデッキです。
この場合は、1人助手を依頼したようですが、
大抵はご本人、ひとりで仕事をします。

ひとりで出来る技をお持ちで、その技にも
初めはびっくりしました。

奥山護さんをご紹介します。

私は横浜で生まれ育っていますので、
横浜の元町は地元でもあるのですが、
お父さまがその元町に美術店を経営されていたと伺っています。
その名前の一部をとって
「パパさん造園」。

実は私がある時、元町近くの山手の住宅街を歩いていた時に
ある邸宅の植木の剪定をされていました。

その素敵な洗練された剪定を見て、密かに「パパさん造園」の車に書かれた
電話番号をメモして、お電話を差し上げたのが
最初の出合い。
以来20年以上のおつきあい。

大変気さくで、気難しい植木屋さんのイメージとは
だいぶ違います。

気になるお値段ですが、、
ひとりでお仕事をされる事もあり
大変良心的なお値段でほとんどの人は「お安ーい、嬉しい!」と
思うようです。

急ぎには応じられませんが、
神奈川県・東京でしたら、
お気軽にご相談下さい。

「パパさん造園」奥山護さん
090-7214-3013 携帯でのご連絡もOKです。
メール:papasansgarden2002@docomo.ne.jp
ご自宅 Tel & Fax 0463-79-0138




                        ≪ 次へ         HOME         前へ ≫ pageTOP


2019/08
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Latest Comments
by なみちゃん on 09.27


by parelli on 09.27

by なみちゃん on 09.27

by 日比野 進 on 08.14

by 日比野 進 on 07.24

by Parelli on 10.05

by 澤野かずみ on 10.05

by Parelli on 09.30

by 澤野かずみ on 09.27

by Parelli on 09.15

by 澤野かずみ on 09.14

by parelli on 03.09

by 未来 on 03.09

by parelli on 02.19

by もりのぶな on 01.24

最新のトラックバック






LINK
Copyright 2008 Scent of Roses. All rights reserved.