HOME

AUTHOR : parelli
鎌倉の海を望む丘より
 バラを中心に綴ります。

Comments in English are also welcome.

profile
since 2008
紫玉 06/01(水)
紫玉 (日本原産 Old Rose)            

IMG_7635.jpg

このシックな色合い大好きです。
美しい日本原産のバラ。




IMG_7523.jpg





IMG_7604.jpg





IMG_7947.jpg

蕾の時に気温が低い日(去年はそうでした)が続くと、
このバラは、きれいに開花せず、
花も乱れ、花の中心から葉片が出たりします。
今年は気温は大丈夫でしたが、、雨の被害!

時々こんな乱れは生じますが、それも魅力!




IMG_7198.jpg

今年は凄い大株に育ち元気一杯で見事でした!




IMG_7679.jpg

沢山のシュートが育ちましたので、(後々伸びるつるの行き場所も考え、)
アーチを低めに設置して、(最高H.1.8m位)
くぐるアーチではなく、フェンスに平行に設置しました。




IMG_2970.jpg

株を、アーチの真ん中に位置させて、
アーチの両端につるを分け持って来て誘引。
これが大正解!

誘引も楽だし、上の花も見る事が出来ます。
アーチの下から上まで全体が蕾で一杯でした。




IMG_3108.jpg

開花しはじめの頃。

あまり大株に育ち、写真に収め切れません。
その後全体が開花し始めたところで、台風・雨でほとんどのバラをカット。




IMG_3117.jpg

北側、紫玉の隣にフェリシテ・パルマンティエ。
先日の北側の庭、西方面から東(手前側)へ続いています。

紫玉の向こう隣に養生中のシャルル・ド・ミル。
この紫玉のアーチによってまた少し日陰になってしまいました。
一つだけ、ついている蕾が開花するのを見て、
2株目のシャルル・ド・ミルの隣に移動する予定。

この2株は、キッチンの北側の窓(シンクの上)からも
楽しめる景色です。




IMG_3084.jpg

こちらは、キッチンのシンク上の窓から見える紫玉。

咲き始めから終わりまでを通して、良い状態で
バラの開花を満喫出来たらどんなにいいでしょうね!!

バラを育てていると、最近の気候の変化を
痛切に感じます。






◎ 紫玉  今年はちょっと変です。 06/03(木)
紫玉 Shigyoku (日本原産)  5月19日~開花

IMG_6278.jpg

いつものように嬉しいクモの番人!

つるが伸びた割りには、今年は花数が少なく、、
さらには、おかしな咲き方の花も多かったです。

近くに住む友人のお庭の紫玉は、
「ほとんどが蕾のまま黄色くなった。」と言っていましたー

みなさまのところの紫玉は、如何だったでしょうか?

こちらは、しばらく湿度の低いさわやかな、
天候が続いています。(残念ながら、我が家のバラは終盤)




IMG_6352.jpg

このバラは、何種類かの色で咲きますので、
楽しみにしているバラのひとつです。

こんなに真っ赤な色合いもあって、嬉しかったのですが・・・




IMG_6714.jpg





IMG_6715.jpg





IMG_6719.jpg

ティーローズにはよくある事なのですが・・
この花の中心に、葉片が出ていますね、
今年はこのような花が多くて・・?

気温が低かった事、雨が多い事などが
その理由でしょうか。




IMG_6720.jpg

少し歪になって咲く花も少なくありませんでした。
一番左の紫玉、半分欠けていますよね。その隣も少し、、




IMG_6723.jpg





IMG_6694.jpg

こんな風に黄色になって、花が咲けない状態も沢山ありました。
ちょっとわかりづらいですが、
右の蕾は、全部が葉片です!

特別寒い春で、今年も天候は不順ですが・・・
私たちが、長い時間かけて蒔いた種を
刈り取っているのでしょうか。




◎ 紫玉  日本の誇り 05/31(日)
    紫玉                   5月15日~開花

IMG_5489 のコピー

いつも思ってしまうのですが、
こんな素敵なバラが日本原産のバラとして存在している!
紫玉・・・名前も粋ですねぇ~。

南の庭に植えていたのですが、
ゆずり葉の木陰になってしまって、、
私は木陰より日向で出る色の方が好きなのです。

そこで、日の当たる北側へ持って行きました。
ここでは、木陰の色と日向の両方の色が楽しめる結果となり、最高です!




IMG_5401 のコピー

花びらが、まるで運動会のくす玉のようにまんまるーくなって
ほんとに素敵ですね~
これは日向の色。




IMG_5441 のコピー





IMG_5466 のコピー

このバラにはこの葉の色と形がとてもお似合い。
やはり、オールドローズはいいですね~
どんな色も庭の自然の中に調和して、たおやかで、
上手く育つとそれほど、手もかかりません。




IMG_5465 のコピー

実は、このバラの隣がフェリシテ・パルマンティエです。
小さくちょっと見えていますね。
隣同士でお互いが引き立て合って、
凄く気に入っている組み合わせです。

まだ大きくなっていないので全体像が撮れませんが、
大きく育てて、上から枝垂れるように
いっぱいの花を咲かせる計画です。

この紫色もいい色! 
花びらの外側に出た紫色もほんとに味わい深い色です。

不規則な花びらもありますが、
それも魅力。




IMG_5482 のコピー

このバラをスタンダード仕立てにしたくて、
冬に張り芽接ぎで挑戦したのですが、
紫玉の芽が幼すぎて、台木が太すぎて、、
今度の冬は成功出来ますように・・・。







◎ 紫玉     Old Rose  Gallica 07/16(水)
麗しの紫玉                 5月20日頃開花

IMG_1659.jpg

日本の美しいオールドローズ、紫玉。
こんな素敵な色の素敵なバラが日本原産のバラとして
存在している事、誇りですね。

この色を江戸紫とでも呼びましょうか。






IMG_1660.jpg


このバラをお持ちの方は日陰で育てたほうの色が好き、と言います。
1番上の画像です。

こちらは陽が当たっている所の色。
画像の色ではよくわからないと思いますが、
私は陽が当たって咲いている紫玉が好き。

深大寺植物公園で初めて見た紫玉も
陽当たりで咲いていました。

それで、、
この冬にこのバラの芽を「張り芽接ぎ」して
南庭でスタンダード仕立てにしようと思っています。

日向で1本、半日陰で1本。
半日陰ではフェリシテ.パルマンティエの隣で
薄ーいピンクと江戸紫色を合わせてみる計画です、、
花期も大体一緒ですので
大きく充実してくれたら嬉しいな。






IMG_1605.jpg






IMG_1588.jpg

樹形も美しく、細めの枝に優雅に咲くバラです。
枝垂れるように育てる事も、ブッシュ形に育てる事も可能。
花径5~6cm、花保ち良い一季咲き。

来春からは株全体写真も沢山入れられるように
したいと思っています。

一季咲きのバラは春見事に沢山咲き、花期も長い事が多く
年1回しか見れなくても、特にオールドローズは
そのたおやかな姿が庭に景観を作ってくれるので
好きです。






                        ≪ 次へ         HOME         前へ ≫ pageTOP


2017/06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Latest Comments
by 桔梗 on 08.23


by parelli on 08.23

by 桔梗 on 08.22

by なみちゃん on 09.27

by parelli on 09.27

by なみちゃん on 09.27

by はじめまして on 08.19

by parelli on 08.18

by 日比野 進 on 08.14

by 日比野 進 on 07.24

by Parelli on 10.05

by 澤野かずみ on 10.05

by Parelli on 09.30

by 澤野かずみ on 09.27

by Parelli on 09.15

最新のトラックバック






LINK
Copyright 2008 Scent of Roses. All rights reserved.