HOME

AUTHOR : parelli
鎌倉の海を望む丘より
 バラを中心に綴ります。

Comments in English are also welcome.

profile
since 2008
ロズレー・ド・ライ 今年は遅めの開花 05/15(日)
Roseraie de L'Hay(Hibrid Rugosa)            5月7日~

IMG_0561.jpg





IMG_7294.jpg

2日間雨が続き、雨の中で開花。
例年は、このバラが一番乗りですが、少し遅めの開花です。




IMG_7273.jpg





IMG_7107.jpg

こんな状態で開花までは、とってもゆっくりと花びらが解けて来ますが、
咲くと、2日位の花保ちでとっても残念なのですが、
庭のアクセントになり、家の中からの眺めも良く、
なくてはならない存在です。




IMG_7295.jpg





IMG_7293.jpg





IMG_7290.jpg

ハンザに良く似ているバラです。
枝が大変密になるので、ヘッジ(生け垣)によく使われるようですが、
高温多湿の地域では、無理でしょうね。




IMG_7300.jpg

去年の猛暑のせいかしら・・
最初3株あり、枝が密に重なるので2株にしてあげたのですが、
移動した方の株が弱り気味で心配です。

一番左手の山の形になっている新緑はツゲの木。
手前とツゲの間にもう1株ありますが、、
たった2輪の蕾があるだけ・・

このバラは、初秋の気温の変化が苦手、
それまで元気に育っていないと、秋に急に葉が黄変し、
落葉を始めます。去年がそうでしたー

今年、花は咲かなくてもいいから、元気に育って欲しい!

このバラの、素晴らしい香りが漂い始めると、
miさんを思い出します。
見て下さっているかしら。





◎ ロズレー・ド・ライ もう1度 05/12(水)
ロズレー・ド・ライ Roseraie de L'Hay
Hybrid Rugosa

次々と咲き始めました!
新しい画像です。

IMG_6138.jpg





ロズレ-1

大人になって来た、という感じの咲き方!
美しさにびっくりして息を呑みましたー




IMG_6157.jpg

ゆったりとした花びらが特徴です。




IMG_6104.jpg

こんなに蕾も色づいて来ました。
玄関のドアを開けると香りの世界です♪




IMG_6166.jpg

庭のの淡いピンク色のバラの引き締め役です。




IMG_6121.jpg

花びらの裏側の色はもう少し淡くて、
この色もとっても優雅な美しい色です!




IMG_6124.jpg

右の双子・・可愛いですねー





IMG_6103.jpg

今年はほとんどのバラが10日間位、開花が遅れていますので、
全部の品種が一斉に咲きそう。

そして、もうすぐファンタン・ラトールも咲き出しそうですので、
遅れて咲き出し始めたロズレー・ド・ライとラトール、
花期が違うこのふたつのバラは、今年も一緒に咲いて欲しい
願いが叶いそうです。







◎ ロズレー・ド・ライ 香りが! 05/04(火)
Roseraie de L'Hay  ロズレー・ド・ライ
Hybrid Rugosa

今年最初の1輪、離れた場所から香りで開花を確信!
う~ん、いい香り!

IMG_6062.jpg





IMG_6074_20100504124010.jpg

この1輪は、4月初めの強風で蕾が傷んでしまいましたが、
香りは最高、バラの季節の到来を告げてくれました。




IMG_6084_20100505173809.jpg





IMG_6065.jpg

4月までの寒さで今年は開花が1週間位遅れているように思います。
早く色づいた蕾が1輪だけ開きましたが、
ご覧の通り、まだまだ蕾の状態です。

左上方に見えている黄色っぽい葉は、金芽つげの生け垣。




IMG_6066.jpg





IMG_6070.jpg





IMG_6068.jpg

3本の間隔をよーく考えて植えたのですが・・だんだん狭くなり、
隣のツゲの木を1本抜いて
去年冬に2本の株を移動して間隔を空けました。

3本とも良く育ち、今度は真ん中の株が、枝葉を充分に広げられず、
今年の冬は、2株にして伸び伸び育てる事に・・また移動+枝半分切り詰め(涙)

このバラを購入した蓼科高原でしっかりと間隔を見たのですが・・
自分の家の庭で育ててみたいとわからないものですねー

今度は、安心して伸び伸び育って欲しい。

開花すると、「木に咲いているようなバラ!」と言われます。

Peter Beales の苗です。








◎ ロズレー・ド・ライ  久しぶりの香り! 05/05(火)
Roseraie de L'Hay  ロズレー・ド・ライ

IMG_4802 のコピー

今年のロズレー・ド・ライは、例年と咲き方が少し違います♪
大きなカップで咲き始め、花もゆったりと大きめ。

いつも全開になると花びらが美しく乱れるのですが、、
乱れはあまりなく・・比較的整った花形で現れてくれました。




IMG_4803 のコピー





IMG_4728 のコピー

この花の、咲き初めのこんなカップを初めて見ました。
今年は4月の日中は穏やかな天候が多く、湿度は低く、
夜間は気温が下がったのがその理由のようです。

5月1日に初めの一輪が咲きましたが、この日も
湿度は50%以下。




IMG_4839 のコピー





IMG_4871 のコピー





IMG_4836 のコピー
                                      5月1日
3株を門から玄関へのアプローチに生け垣仕立てにしていますので
通るたびに香りのギフト。

向かい合うように高さ1.6m、長さ8.5mつづく、ファンタン・ラトールがあり、
いつも一緒に開花してくれたらいいな、と願っている・・・
その事が、今年なんと、かなえられそうなのです!

5月5日ファンタン・ラトールが一緒に咲き始めています。
例年より1週間~10日早く開花し始めています。

あとは、みなさまのお庭にもバラの季節に
激しい雨・風がないように祈るばかり・・・




冬枝

このバラの冬姿もご覧下さい。
Peter Bealesの株は、
花後、葉のひとつかふたつ下の枝をカット・・・するだけで、
自然に枝が密になってくれますので、
冬も樹形を見て、楽しんでいます。



♣ このバラが大好きなmiさんへ ♣

花後カットする場所がわからない場合は、
自然に花の下の枝から新しい葉芽が出て来ますので、
バラが教えてくれるまでお待ち下さい。。






◎ Roseraie de l'Hay   Cochet-Cohet 1901年 05/05(月)
開花を待つ沢山の蕾  ロズレー・ド・ライ
この頃から良い香りが!

rosarai.jpg






このバラの蕾は初め上を向いていますが開花間近になると横向きになり
次第にうつむいて全開になります。


rosarai 4







rosarai 2


花びらがほぐれて来る時、草笛のような細い横長の形が見られます。
(これはちょっとその時を過ぎています。)

このバラの色を文字で表現するのは難しく
Crimson-Purple というところでしょうか。

深みのある素晴らしい色です。
長野バラクラの入り口前、左に植えてあるのを見て感激して3株購入し、
4年目の春です。

現在縦・横・奥行きともに1.2m(1株)位で枝が密になり
3本を生け垣仕立てにしています。(Hybrid x Rugosa )






rosarai 3







rosara 5


ゆっくりと時間をかけて開花しますが、全開になると1~2日の花保ちで
ちょっと残念なのですが、(半日陰などの条件ではもう少し)
3~8ヶ位の房咲きなのでつぎつぎと開花します。

そして香りが遠くまでとどきます。

春の花後も3~4ヶの花が夏まで咲き続けてくれますし、
3年位で株が充実してくると秋にも返り咲きします。






risa,jpg







rosarai 7


ゆったりとした花びら・・・
香りが衣に移って・・・「移り香」、好い響きのしゃれた言葉ですね、
ふっと気が付くとバラの香りが移って。。







                        ≪ 次へ         HOME         前へ ≫ pageTOP


2017/10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Latest Comments
by 桔梗 on 08.23


by parelli on 08.23

by 桔梗 on 08.22

by なみちゃん on 09.27

by parelli on 09.27

by なみちゃん on 09.27

by はじめまして on 08.19

by parelli on 08.18

by 日比野 進 on 08.14

by 日比野 進 on 07.24

by Parelli on 10.05

by 澤野かずみ on 10.05

by Parelli on 09.30

by 澤野かずみ on 09.27

by Parelli on 09.15

最新のトラックバック






LINK
Copyright 2008 Scent of Roses. All rights reserved.